あいさつ

総合社会科学会は、1998年12月に総合社会科学会の名称で発足しました。
会員は様々の研究者、およびその関連機関で構成されております。
本学会は、総合社会科学の研究を推進することを目的としています。
会員に研究成果発表の場を提供し活発な議論を行うために、年1回の大会を開催しています。
また研究成果を公表していく場として、機関誌『総合社会科学研究』を年1冊刊行しています。

総合社会科学会設立趣意書

現在、様々な分野で既存の秩序や規範の再考が迫られている。
我々が生活する現代社会は、科学技術の飛躍的進歩と、社会の多様化により、我々自身でさえ、予測し得なかった様々な問題に直面しているのである。
しかし、我々の直面するこうした諸問題に積極的に取り組み、来るべき世紀における新しい社会のあり方を探求していくには、もはや特定の一分野の研究者間だけの協力では、十分対処できないところまで、問題は複雑化してきている。
我々は、このような認識に立ち、様々な分野の研究者相互による、学際的研究を進め、今日的問題に積極的に提言していくことを目指して、総合社会科学会を設立する。

1998年12月10日


inserted by FC2 system